手術なしで簡単!?若返り美容整形の施術法3選

こけた頬は若さの大敵!ハリを取り戻す脂肪再利用法

「こけた頬をふっくらさせたい」「肌にハリが欲しい」「メスを使う手術には抵抗がある」そんな悩みを持つ方にオススメの施術法が、「顔面脂肪注入」です。頬がこけていると不健康な印象を与えるだけでなく、年齢よりも老けて見えがちですよね。「顔面脂肪注入」は、自分の脂肪を再利用し半永久的にふっくらした頬が手に入る施術で、お腹や太ももなどの脂肪を取りたい部分の施術後が気にならない箇所から特殊な館を差し込み脂肪を注入するので、メスを一切使わず、自分の脂肪を注入するので肌に馴染みやすく自然な仕上がりになります。加齢によって肌がしぼみ、しわが目立ち始めた頬にも効果的な施術方法です。

表情じわをなんとかしたい!継続使用可能な新型注射

「表情じわが目立っている」「誰にも気づかれずに若返りたい」しわというものはどうしても、お化粧では隠しきれない悩みの種。会話をするとどうしても表情じわが目立ってしまい、気になって仕方がない方も多いのではないでしょうか。しわ対策として有名なのはボトックス注射ですが、満足度が高いため何度も繰り返しているうちに、効果の出方が少なくなってしまうという方も多いのが特徴。そんなときにオススメなのが新型の「ゼオミン」です。注射1本約5分で施術が完了し、額の横じわ、眉間の縦じわ、目尻の笑いじわ等の表情じわだけでなく、しわを目立たなくするだけではなく、将来のしわまで予防し、更には繰り返し使用可能な新型注射です。

最大の敵!ほうれい線には!?フェザーリフトで若返り

頬のたるみだけでなく、特にほうれい線は老けて見える最大の敵ですよね。そんなほうれい線には、フェザーリフトが効果的です。体内に吸収されるタイプの特殊加工された繊維を使用し、皮下組織を引き締めるこの施術法は、繊維の周辺でコラーゲン生成がおこり、肌にハリが出たり、今後のたるみ予防にまで効果を発揮する方法で、この方法は皮膚を切開する必要はありませんので、「ほうれい線やたるみはどうにかしたいけど、手術には抵抗がある」という方にはおすすめの施術法です。いくつかの若返り法を紹介しましたが、美容整形には必ずカウンセリングがあるので、どの方法がいいのか、どんな施術法があるのか、安心して受けられる施術はどんな方法なのかをしっかりと相談する事をおすすめします。

肌は外部からの刺激を受け続けると角質化や色素沈着などのトラブルに見舞われることがあります。特に股間などのデリケートゾーンの黒ずみは完治までに長い時間がかかるので、適切な方法で根気強く治療を続けます。