重要!虫歯の治療だけでなく歯科医院を上手に活用する

予防歯科の重要性について

日本ではまだまだ虫歯や歯周病になってから歯科医院に行くことが一般的ですが、海外では予防歯科の意識が浸透しています。予防歯科とは虫歯や歯周病になる前から歯科医院に通って、虫歯などを未然に防ぐことを目的とした行為です。普段の歯磨きだけでは口腔内を綺麗に保つことは難しいですので、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらった方が良いです。歯科医院が苦手だとか、手間がかかるなどの理由でなかなか行く気になれない人もいるかもしれませんが、歯は一生物ですので面倒がらずに歯科医院へ行くことをお薦めします。

親知らずは抜いた方が良いのか

よく親知らずは抜いた方が良いと聞くことがありますが、実際にはどうなのでしょうか。親知らずが綺麗に生えていれば、特に抜く必要も無いですし、将来の為に大切に残しておいた方がいいです。親知らずが厄介者にされる理由は、他の歯が生え揃った後から生えてきますので綺麗に生えてこないことがあることと、一番奥の歯ですので歯磨きがし難くて虫歯になるリスクが高いことが挙げられます。もし斜めに生えたり、上下どちらか一方だけ生えている場合は、物を噛む機能を果たせませんので抜いてしまっても構いません。またせっかく綺麗に生えた親知らずを虫歯にしてしまわないように、丁寧に歯磨きをすることが大切です。

美容目的で歯医者に通う

歯科医院は虫歯や歯周病の治療の為に通うことが多いですが、実は美容目的で歯科医院を利用することも出来ます。綺麗な歯は非常に魅力的です。タバコや食事によって歯が黄ばんでいたりしますと、誰かと話をしていても相手に良い印象は与えません。ですので出来るだけ歯は綺麗にしておくことが大切ですし、歯科医院では自宅の歯磨きだけでは落としきれない色素沈着もホワイトニングで綺麗な白い歯にしてくれます。その他にも歯並びを整えたり、欠けてしまった歯を修復したりも出来ます。

歯科治療の一種である根管治療は患部を目視で確認できないことから高度な技術力が求められます。そのため、治療を受ける際は実績を積んでいる優秀な医師が常駐している歯科医院を選ぶことが大切です。